容疑者の靴に血痕、パブ女性店主のDNA型と一致 大阪

[PR]

 大阪市北区のカラオケパブで6月、経営者の稲田真優子(まゆこ)さん(25)が殺害された事件で、大阪府警に殺人容疑で逮捕された店の客の会社員、宮本浩志(ひろし)容疑者(56)=兵庫県西宮市=の革靴に付着していた血痕のDNA型が、稲田さんのものと一致したことが捜査関係者への取材でわかった。

 宮本容疑者は容疑を否認しているという。大阪地検は勾留期限の9日、刑事処分を決める見通し。

 宮本容疑者は6月11日午後9~10時ごろ、北区天神橋4丁目のビル5階のカラオケパブ「ごまちゃん」の店内で、稲田さんを刃物で刺殺したとして6月18日に殺人容疑で逮捕された。

 捜査関係者によると、府警が逮捕後に押収した宮本容疑者の革靴を調べたところ、表面に血痕が付着しており、DNA型鑑定で稲田さんの型と一致したという。宮本容疑者は「店には行ったが、やっていない」などと否認を続けているという。

 宮本容疑者は事件当日、午後7時ごろに来店し、最後の客として稲田さんと従業員に見送られ、午後9時ごろに退店したという。ビルの出入り口の防犯カメラに立ち去る姿が映ったのはその約1時間後だった。ビル内では他に1軒が営業していたが、訪れた形跡はなかったという。

 府警は、従業員が先に帰るのを宮本容疑者がビル内で待ち、稲田さんが店内で1人になったところを襲撃したとみている。ただ、凶器とみられる刃物は見つかっておらず、店内の防犯カメラは取り外され、記録用のSDカードは入っていなかったという。

 宮本容疑者は約4年前に客として訪れた別の店で、従業員だった稲田さんと知り合い、今年1月に稲田さんが開業した店でも常連客として知られていた。