ホテルのキャンセル「どっと一気に」 無観客決定に困惑

有料会員記事

柏木友紀、柴田秀並
[PR]

 首都圏1都3県で東京五輪の「無観客開催」が決まり、観客が泊まる予定だった都内のホテルには、キャンセルの連絡が続々と入っている。

 有明アリーナや有明体操競技場など、五輪の関連施設が集中する江東区の有明地区。

 昨夏にオープンした300室超のホテルの担当者は9日朝、記者の電話取材にこう語った。「こうして話している間も電話がやまず、ネットでもキャンセルが入り続けています」

 菅義偉首相東京都への4度目の緊急事態宣言を発表した8日夜から「どっと一気に予約のキャンセルが来た。急な動きでどうしていいのか、困惑しています」。キャンセルはすでに100件を大きく超えたという。

 800室を超える別の大規模ホテルにも、8日夜からキャンセル連絡や問い合わせが相次いでいる。9日朝から旅行会社などと連絡をとりあい、対応を話し合っている。

 担当者は「8月にかけては、ほぼ五輪関係の予約で埋まっていた。この土日にかけて、さらに多くのキャンセルがあるのでは」とため息をついた。

「せめて記念に、チケットの現物届けて」

 「無観客になったので新幹線

この記事は有料会員記事です。残り713文字有料会員になると続きをお読みいただけます。