大阪市長「圧力かけるのは大間違い」 西村大臣に反発

新型コロナウイルス

添田樹紀
[PR]

 西村康稔経済再生相が、新型コロナウイルス対策の休業要請などに応じない飲食店に金融機関から働きかけてもらう考えを示したことについて、大阪市松井一郎市長は9日、「(要請に)応じない限り追加融資を止めるなら、貸しはがしじゃないか。もし圧力をかける趣旨だったら大きな間違い」と反発した。記者団に語った。

 西村氏は8日の記者会見で、休業要請などに応じない飲食店に関し、「こうした情報を金融機関としっかり共有しながら、順守を働きかけていく」と述べた。

 これに対し、松井市長は「僕だったら金融機関に、『(休業要請などに)協力しているところに融資の返済猶予をしてあげてよ』と言うけどね。その間の金利は国が負担すればいい」と発言。「金融機関から(飲食店に)罰則的な申し入れをさせるのではなく、逆だと思う」とした。

 休業や営業時間短縮の要請に応じた飲食店への協力金を先渡しできる仕組みを設ける政府方針についても、「二重申請や虚偽申請があるなかで、税金をばらまいていいのか」と批判。これまで通り、審査を経て協力金を支払うべきだと主張した。(添田樹紀)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]