女子生徒見つめる「エロ眼」、刑事が追う 痴漢警戒ルポ

有料会員記事

皆木香渚子
[PR]

 地下鉄の階段をうつむきがちに上る中年男性に、男女2人が声をかけた。

 「なんでか分かる?」

 男性は白髪交じりの頭を下に向けたまま、足を止めずに改札へ向かう。

 「なんで何度も同じ区間を行ったり来たりしてたの?」「切符は持ってる?」

写真・図版
地下鉄東山線の名古屋―伏見間を複数回往復していた男性(手前)に声をかける村上晴美警部補と女性巡査部長(左)=2021年6月中旬、皆木香渚子撮影(画像の一部を加工しています)

 問い詰められ、あきらめたようにカバンを開ける。だが、不審な往復の理由は、なかなか答えようとしなかった。

 声をかけた2人は、電車に乗り込み、痴漢を警戒する私服警察官。6月中旬、愛知県警鉄道警察隊の「特務係」に記者が2日間同行した。

同行1日目:中年男「偶然手が当たれば……」

 午前8時、名古屋市営地下鉄東山線・名古屋駅のホーム。

 村上晴美(はるよし)警部補(57)は、ワイシャツにグレーのスラックス姿。普通のサラリーマンにしか見えない。ブラウスの上に紺のカーディガンを羽織った女性巡査部長(30)とペアを組み、通勤風景に溶け込む。

 女性巡査部長はホームの柱に身を寄せて立ち、不審者がいないか捜していた。

 時々、電車を待つ列に並び、降車客に紛れて列から外れ、また警戒を続ける。

 通勤ラッシュはピークを迎え、電車の間隔は2分に1本。ホームは学校や職場に急ぐ人々であふれかえる。

薄着の人が増える夏は、痴漢や盗撮の相談が増える時期です。混み合う電車に乗って、降りて、また乗って……。そんな挙動不審な乗客が2人見つかりました。記事後半では、動画や、高校時代に痴漢の被害に遭った記者の体験も紹介します。

 巡査部長が突然、柱の陰から飛び出した。乗客の間をすり抜けて急ぐ。誰かを追っているようだ。

 足を止めたのは、比較的人が少ない列。

 「あいつ、怪しい」

写真・図版
朝のラッシュ時の地下鉄東山線ホームに立ち、不審人物を警戒する愛知県警鉄道警察隊の村上晴美警部補(手前)と女性巡査部長=2021年6月中旬、名古屋駅、皆木香渚子撮影

 乗客が電車に乗り込んでも、ホームに残ったままの人影があった。白髪の交じった中年男性で、灰色のパーカを着ている。

 「さっきも見たな」。巡査部長には、十数分前にもこの人物とすれちがった記憶があった。長時間ホームをうろうろするのは、普通の通勤客ではない。

 巡査部長は男性の真後ろに並んだ。

 午前8時15分、電車が来た。ほぼ満員だ。乗り込めそうなスペースはなかったが、ドアが閉まる直前、巡査部長は体をねじるようにして、男性の後ろに滑り込んだ。

 満員の車内。男性は薄着の若い女性の背後に立った。

 左手はつり革をつかんでいる…

この記事は有料会員記事です。残り3370文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!