無限城? 全集中で謎を追え 会津若松に聖地があった

有料会員記事

文・杉浦達朗、写真・小玉重隆
[PR]

 「そっくりだね」。カメラに写る「無限」に広がるかのような和風の空間。もちろん、舞台で三味線を弾く女性は例の鬼ではない。

 初めて来たのに、強烈な既視感に襲われた。広々とした吹き抜け。薄暗い空間に浮かびあがるように照らされた舞台で、和服の女性が三味線を奏でていた。そこを囲むように、行灯(あんどん)のともる階段や回廊が走る。壮大な和風建築と静謐(せいひつ)の中に響く音は、どこか妖しささえ感じる。

 福島県会津若松市の旅館「大川荘」。既視感の正体は、人気漫画・アニメ「鬼滅の刃」だ。登場する鬼たちの首領の居城・無限城には、その名のとおり、無限に続くような階段があり、中央の間には琵琶を奏でる女の鬼が鎮座する。神奈川県から訪れた小学4年山下枇晄(ひかり)さん(9)は「そっくり。物語の中に入ったみたい」。

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員登録すると応募できるプレゼントもあります。

 ロビーができたのは1989…

この記事は有料会員記事です。残り907文字有料会員になると続きをお読みいただけます。