あん摩師養成学校の新設制限、二審も「適法」 大阪高裁

米田優人
[PR]

 「あん摩マッサージ指圧師」をめぐり、視覚障害がない人向けの養成学校の新設を認めない法律は、憲法が保障する「職業選択の自由」に反するとして、大阪市の学校法人「平成医療学園」が、設立を認めなかった国の処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が9日、大阪高裁であった。永井裕之裁判長は「制限には合理性がある」として、学園側の訴えを退けた一審・大阪地裁判決を支持し、学園側の控訴を棄却した。

 高裁判決は、「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」(あはき師法)で設立を制限しているのは、あん摩マッサージ師が増えれば競争が激しくなり、視覚障害者の安定した生活が脅かされる可能性があるからだと指摘。同法を根拠に新設を認めなかった国の判断は適法だと結論づけた。学園側は上告する方針。(米田優人)