九州北部、10日も激しい雨 長崎で1日200ミリ予報

棚橋咲月
[PR]

 梅雨前線の影響で9日は山口県を含む九州北部で大雨となった。10日昼過ぎにかけても断続的に雷を伴った非常に激しい雨が予想されており、気象庁が警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、梅雨前線対馬海峡付近から本州にのび、ほぼ停滞している。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になっている。

 山口県岩国市美和付近では9日午前8時半までの1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁が「記録的短時間大雨情報」を出した。同県美祢市秋吉台では1時間降水量が57ミリを記録し、7月の観測史上最大を更新した。

 降り始めの7日から9日午後3時までの降水量は、岩国市で291ミリ、熊本県阿蘇市で246・5ミリ。

 10日午後6時までの24時間に各県で予想される降水量は、いずれも多い所で長崎と熊本で200ミリ、福岡と佐賀で150ミリ、山口と大分で120ミリ、鹿児島100ミリ、宮崎80ミリ。11日も大雨の可能性がある。

 気象庁はこれまでの雨で地盤が緩んでいるところがあるとして、引き続き、低い土地の浸水や河川の氾濫(はんらん)、土砂災害に警戒を呼びかけている。(棚橋咲月)