「高速PAで昼食時に飲酒」と供述 八街事故の運転手

[PR]

 千葉県八街(やちまた)市でトラックが小学生の列に突っ込み児童5人が死傷した事故で、呼気から基準値を上回るアルコールが検出されたトラック運転手の梅沢洋容疑者(60)=自動車運転死傷処罰法の危険運転致死傷容疑で送検=が「家で飲むためにコンビニで酒を買い、高速道路のパーキングエリアに止めた車内で昼食時に飲んだ」との趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材でわかった。県警は事実関係を確認している。

 捜査関係者によると、車内からは空になった焼酎の容器(カップ)が見つかっている。また、梅沢容疑者が事故当日の6月28日、東京都内の建設現場に資材を運んで八街市内の勤務先に帰る途中、都内のコンビニで焼酎を購入していたことが判明したという。

 梅沢容疑者は、勤務先に帰る際に高速道路を利用し、京葉道路下り線の幕張パーキングエリア(千葉市)に立ち寄ったと説明。「昼食を食べている時に、つい飲みたくなって車内で(都内のコンビニで買った酒を)飲んだ」との趣旨の供述をしているという。

 事故当時の状況については、小学生の列が「見えなかった」とも説明。県警は、居眠り運転をしていた可能性もあるとみて経緯を詳しく調べている。