コロナが暴いた「金のかかる五輪」 さらなる公金投入へ

有料会員記事

野村周平
[PR]

 東京オリンピック(五輪)の首都圏、北海道の会場は無観客が決まった。パラリンピック分を合わせて900億円と試算されていたチケット収入の多くが消える。大会組織委員会の赤字決算は確定的だ。

 五輪の大会運営は1970年代まで赤字になるのが相場だった。1984年ロサンゼルス五輪が転換点で、大会組織委が民間からスポンサーを募って運営することで黒字を生み、商業五輪が本格化した。

 東京大会の組織委も黒字が確実視されていた。過去大会では「1業種1社」に限定して価値を高めてきた協賛の原則を取りやめ、組織委は競合他社の横並びを認めた。国内スポンサー収入は過去最大とされる3500億円に達した。

 東京大会の経費は1兆644…

この記事は有料会員記事です。残り474文字有料会員になると続きをお読みいただけます。