「高橋大輔のコピーはいけない」 育てた恩師の流儀

有料会員記事

大坂尚子
【動画】フィギュアスケート高橋大輔の恩師、長光歌子コーチが語る=田辺拓也撮影
[PR]

 2018年に引退を撤回して競技復帰したフィギュアスケート高橋大輔(35)は昨年、アイスダンスに転向した。2010年バンクーバー五輪男子シングルで銅メダルを獲得するなど日本フィギュア界を引っ張り、現在は新たな道を進む。シングル時代の高橋を指導してきた長光歌子コーチ(70)はどう見ているのか。

毎週水曜日にフィギュアスケートにまつわる話題をお届けします

 「シングルの時だったら失敗しそうなところもだいたいわかるけど、(アイスダンスの演技は)ずっと緊張して見ていました」。アイスダンスのデビューイヤーとなった昨季を長光コーチは苦笑しながら振り返る。

 教え子は、3年前にシングル復帰を表明した。「元々『スケートで人生を作りたい』って言ってた。ちょっとショーに出て滑るだけではパフォーマンスも落ちると思っていたから、復帰はうれしかった」という。ただアイスダンスは同じ氷上の競技とはいえ、靴も違えば、求められる技術も違ってくる。転向には心配もあった。

 昨年5月、コロナの影響を受けて日本に戻って練習していた高橋たちを訪ねた。

 パートナーの村元哉中に教わ…

この記事は有料会員記事です。残り886文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

女子は若手の台頭が目立った今季のフィギュアスケートを振り返ります[記事一覧へ]