「本人の選択を支援」認知症の人のワクチン接種に手引き

会員記事新型コロナウイルス

編集委員・辻外記子
[PR]

 認知症のお年寄りら意思疎通が難しい人に、新型コロナウイルスワクチンを接種するかどうかを決めるために役立つ手引を、専門家による学会がつくった。本人の意向がわからないと困惑する施設職員や家族の声を受け、この春から議論を重ねてきた。

 医師や看護師らでつくる「日本臨床倫理学会」が手がけた。予防接種法ワクチン接種について、「受けるよう努めなければならない努力義務」とする。厚生労働省は「対象者が希望する場合に接種を行う」とするが、施設に入所する人の意向を確認することが難しい場合の対応が課題だった。

同意ないからと接種妨げない

 手引は、「同意がないからと接種機会が妨げられないようにすることが重要」とする。本人が自発的に選ぶことを原則とし、医療ケアチームには、ていねいでわかりやすい説明を心がけるよう求める。高齢や認知症を理由に「自分で決められないだろう」と先入観をもたず、方針を決定できるように支援していくとする。

 本人が決定できない場合には、性格や価値観を知る家族らが代理で判断する。本人がこれまで「予防接種をしない」との意思表示をしたことがなければ、「接種を望むだろう」と推定する参考材料になる。医療ケアチームも話し合いに参加し、「本人の最善の利益」を考慮して家族らに助言をする。

「本人だったらこう思う」を推定

 手引をまとめた学会理事の箕…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]