五輪選手団入国、本格化へ 来週は2200人が続々と

[PR]

 東京オリンピック(五輪)に参加する海外選手団の入国が本格化する。内閣官房によると、12~18日の1週間で約2200人が成田や羽田、関西空港などに到着する予定という。

 13日には約70の選手団が来日し、全国19都県のホストタウンへ向かう。14日には陸上や柔道、バドミントンなどに出場する難民選手団60人が成田空港に到着予定で、選手らは東京の早稲田大学内のトレーニング施設や宿泊施設に滞在する。

 今後は、事前合宿を経ずに直接選手村に入る選手団も増えていく。五輪期間中、約1万人の選手が来日する見込みだ。