ACLの食事事情とは?川崎は専属シェフ、セレッソは…

有料会員記事

辻隆徳、高岡佐也子
[PR]

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグが6月から7月にかけてウズベキスタンとタイで集中開催され、Jリーグからも4クラブが参戦。新型コロナウイルスの影響で身動きが取りづらい中、選手たちにとっての楽しみのひとつが「食事」だ。ただ、開催地やクラブによって、どうやら事情は違ったようで……。

 「サバの塩焼きが朝食に出るんですよ。おいしかったな……」

 そうしみじみと語ったのは、5連勝で決勝トーナメント進出を決めた川崎フロンターレの鬼木達監督だ。チームの胃袋を支えるために、日本から開催地ウズベキスタンに同行したシェフ、西芳照さん(59)の存在が大きかった。

 新型コロナの感染者数が少ないウズベキスタンでは、滞在先のホテルの厨房(ちゅうぼう)で調理をすることが許された。選手たちはホテルの同じ場所で、ある程度の距離をとって食事を取った。現地で出されるメニューに加え、西さんがつくった日本食の料理を口に運んだ。

 西さんは2004年からサッカー日本代表の専属シェフを務め、多くの国際大会で腕を振るってきたベテラン。川崎のACL同行は3回目という。ホテルのスタッフと「脂身の多い肉は避けたほうがいい」などと会話を交わし、現地でのやりとりも慣れたものだ。

 今回最も気をつけたのが食中毒だ。現地の気温は35度を超えることも多く、食材の管理には気をつかった。火を使う厨房は50度近くになるときもあるが、念入りに調理した。

 これまでの滞在では、牛タン…

この記事は有料会員記事です。残り869文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら