岩手の山中、樹齢900年の「姥杉」を守れ

三浦英之
【動画】仙人山の樹齢900年「姥杉」を守れ 地元の市民団体が保護活動=三浦英之撮影
[PR]

 岩手県北上市の仙人山(882メートル)の中腹に、推定樹齢900年の「姥(うば)杉」がある。樹高30メートル、幹周11・5メートル。1982年に市の天然記念物に指定されている。登山客らに愛されてきた巨木は近年、衰えが目立ち、地元の市民団体が保護活動を続けている。

 仙人山の登山道を登ること約1時間。姥杉は小さな沢やニリンソウの群生地を抜けた久那斗(くなと)神社の近くにそびえている。

 北上市と西和賀町をつなぎ、かつて産出した金を平泉に運んだとされる「秀衡街道」。その仙人峠を越える目印となっていたのが、巨木・姥杉だった。

 古くは道の両脇に爺(じじ)杉、婆(ばば)杉と呼ばれる木があり、上部がくっついていたとされる。現在は爺杉が枯れ朽ち、婆杉だけが残って「姥杉」になったと伝えられている。北上市から登山で訪れた女性は「神々しささえ感じます」と見上げた。

 姥杉は近年、積雪や落雷で枝が折れるなど傷みが激しく、衰えも著しい。姥杉の樹皮を患部に巻くと病気が治るとの迷信があり、樹皮が乱暴にはがされるといった被害も出ていた。

 姥杉の状態を見に訪れた市民団体「きたかみ巨木の会」の高橋洋明副会長(78)は「かなり傷んでいる。痛々しい感じ。どうやって保存すればいいのか」と頭を抱える。

 有志らは2001年、「巨木の会」を立ち上げ、姥杉の回りにロープを張ったり、近くに市の天然記念物であることを示す案内板を設置したりしてきた。

 しかし、樹勢の衰えは止まらないため、05年には姥杉の小枝を採取し、後継木「姥杉2世」を作り、久那斗神社の近くに植樹。現在は約2メートルに育っている。

 同会の平賀昭士会長(85)は「姥杉は見る人に感動を与えてくれる。2世の成長にも期待したいが、姥杉にもまだまだその雄姿をとどめていてほしい」と話している。三浦英之