使われなかったバッティンググローブ 先輩の分まで勝つ

甲斐江里子
[PR]

 鳳(おおとり)(堺市西区)の主将の四谷宏人君(3年)は試合に出るとき、白いバッティンググローブをいつもよりもきつめに着ける。前主将の先輩、川野泰雅(たいが)さん(18)からもらった大切な道具。「応援してもらっているようですごい力が入る。打てる気になる」

 川野さんが四谷君にあげたグローブを買ったのは2年の冬。自分の小遣いで試合用にと、今までで一番いいものを買った。春と夏は自分たちの学年が打って勝つ、という決意の表れだった。

 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で学校は突然休校に。「出口の見えないトンネルに立たされた感じ。ぼうぜんとした」。結局、バッティンググローブを着けて打席に立てたのは1回あった練習試合と、昨夏の公式戦での2試合だけだった。

 川野さんは大学でも野球を続けるつもりで、ほとんどの野球道具は手元に残したが、「俺らの分までがんばってほしいという期待を託したかった」。ほぼ新品のバッティンググローブを次期主将の四谷君に手渡した。

 四谷君の学年の部員は6人。例年、1学年に十数人いるのに比べて少なく、その分先輩たちにはかわいがってもらった。なかでも川野さんとは一緒に冬のきつい筋トレを乗り越え、練習からの帰りにはよくご飯に行った。四谷君が主将に選ばれたときは、川野さんから「責任感の強さがあるから大丈夫。今まで通り楽しく、仲間を大切に」と言葉をかけられた。

 大好きな先輩からもらったバッティンググローブ。四谷君は引退までの1年間、大切に使うため、練習試合や公式戦の時だけはめようと決めた。

 しかし、いざ主将になると、練習試合では「自分が打たなきゃ」という責任感から体はがちがちに。そのバッティンググローブを着けてもまったく打てない。

 悩んでいたとき、ふらりと学校帰りの川野さんがグラウンドに立ち寄った。緊張で打てないことを相談すると、「今まで通りやったら全然いける。もっと楽しめ」と返ってきた。その言葉で打席に入るときも力が抜けるように。秋の大会で快音を響かせた。

 しかし、四谷君たちもコロナ禍に翻弄(ほんろう)された。今年4月、感染の拡大で春の大会敗退直後から部活は活動休止に。府の緊急事態宣言が解除された後に備えて、夏の大会までの他校との練習試合は予定を組んだ。

 6月に宣言は解除されたものの、府立高校は「練習試合禁止」。夏の大会前にバッティンググローブを使う機会は失われた。「生まれる年が1年、2年違ったら」。そんな思いも頭をよぎった。

 それでも今は、野球ができる喜びをかみしめている。夏の大阪大会で成長した姿を先輩に見せたい。「このバッティンググローブを着けて打つところを川野さんに見てほしい」。大好きな野球を少しでも長く楽しめるよう、一つでも多く勝ち進みたい。(甲斐江里子)