中国と北朝鮮、互助条約60年 習氏「血で固めた友情」

北京=林望、ソウル=神谷毅
[PR]

 中国国営新華社通信北朝鮮朝鮮中央通信によると、中国の習近平(シーチンピン)国家主席北朝鮮金正恩(キムジョンウン)総書記は11日、中朝友好協力相互援助条約の締結から60周年に合わせ、祝電を交換した。双方は激動する国際情勢のなかで、戦略的な協力関係を強める姿勢を示した。

 同条約は、相手国が戦争状態になった場合の軍事援助を義務づけるなど、朝鮮戦争以来の両国の密接な関係の土台となってきた。

 新華社によると、習氏は同条約を「両国人民が血で固めた友情を堅固にした」などと評価した。国際情勢が変革期を迎えるなか、正恩氏との間で「戦略的なコミュニケーションを強めたい」と述べた。

 朝鮮中央通信によると、正恩氏は「前例ない国際情勢のなかで朝中の信頼は深まり、友好は政治、経済、軍事、文化をはじめとする各分野でより高い段階へと発展している」と強調した。(北京=林望、ソウル=神谷毅)