USJ、9月に「鬼滅」の仮想現実ジェットコースター

宮川純一
[PR]

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は12日、9月17日~来年2月13日の期間限定で導入する人気アニメ「鬼滅の刃」のアトラクションについて、仮想現実(VR)を使ったジェットコースターになると発表した。昨年日本の映画興行収入1位となった「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」を題材にしたVRの世界を楽しめるという。

 アトラクションは、360度見渡せるVRの世界で「無限列車」に乗り込んで、映画の登場キャラクターたちと出会い、列車の中で鬼たちとの戦いに巻き込まれるという設定。主人公の竈門炭治郎の必殺技をはじめ、登場キャラクターの剣技や息づかいを目の前で体感でき、炎に包まれる演出も味わえるとしている。

 期間中には、別のジェットコースター「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」で、乗車しながら「鬼滅の刃」の登場人物の会話などを音声で楽しめる企画も行う。園内でのスタンプラリーのほか、オリジナルの食事メニューやグッズも販売する予定という。

 USJは6月、「鬼滅の刃」をテーマにしたアトラクションを期間限定で導入すると発表していたが、詳細は明らかにしていなかった。(宮川純一)