大雨降らす「線状降水帯」 なぜ最近よく聞くのか

有料会員記事

竹野内崇宏
【動画】線状降水帯ができる仕組み
[PR]

 今月、鹿児島県や島根、鳥取両県で大雨を降らせた「線状降水帯」。最近よく聞くようになった気象用語です。特に近年、増えている現象なのでしょうか。発生するのは梅雨の時期だけ? 発表された際の注意点とは?

 Q 最近、大雨のニュースで「線状降水帯」という言葉をよく聞くね。梅雨に起きるの?

 A 線状降水帯は、2018年7月の西日本豪雨や20年7月の熊本県の豪雨で、大きな災害の原因になった気象現象だ。7月上旬には毎年発生しているけど、茨城県鬼怒川があふれた15年9月の豪雨や、広島県土石流が相次いだ14年8月の大雨など、梅雨以外にも各地で起きている。

 Q どんな現象なの?

 A もくもくと大きい入道雲は積乱雲とも呼ばれ、大雨のもとになる水蒸気が集まってできている。積乱雲は一つでも土砂降りになるけど、風向きなどによっては何個も発生し、風に流されて同じ場所を次々と通ることがある。これが線状降水帯だ。何時間も大雨が降り続き、川があふれたり土砂崩れが起きたりする。

 Q 最近まで聞いたことがなかったけど?

 A 昔から専門家には、集中…

この記事は有料会員記事です。残り487文字有料会員になると続きをお読みいただけます。