都内主要5駅の人出、微減にとどまる 4度目の宣言初日

新型コロナウイルス

小宮山亮磨
[PR]

 新型コロナウイルス対応で4回目の緊急事態宣言が出された12日朝、都内の主な駅付近での人出を、NTTドコモの携帯電話の位置情報から滞在人口を推計するデータで調べた。通勤時間帯の人出は、1週間前の5日と比べて大きく減ってはいなかった。

 午前6時から9時までの人出の減少幅は、JR東京駅と銀座では1%未満。JR渋谷駅では1・7%、JR新宿駅では1・3%それぞれ減ったものの、JR新橋駅ではわずかに増えていた。5カ所を合計した人出で見ても、減り幅は1%に満たなかった。

 3回目の緊急事態宣言が出て最初の平日となった4月26日も、朝の人出は大きくは減らなかった。1週間前の4月19日と比べた減少幅は、JR東京駅では3・9%、JR渋谷駅では2・7%、銀座では2%。一方、JR新宿駅では9・6%増え、JR新橋駅でもわずかながら増えていた。(小宮山亮磨)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]