「キョウヘイオオタニ」が先頭打者HR 観客の注目の的

中村純
[PR]

(11日、高校野球静岡大会 富岳館8-7田方農)

 富岳館の初回、先頭打者として左翼席にアーチを描いたのは、大谷恭平君(2年)だ。海の向こうで大活躍するスーパースターと一文字違い。場内アナウンスで「大谷」とコールされ、観客の視線を集める中、放った一発は人生初の記念の一打になった。

 しかし、本塁打以降は大振りが目立ち2打席連続三振。追撃態勢が整った八回2死三塁の好機ではファールフライに倒れた。

 試合はもつれ、九回裏に追いついた富岳館がサヨナラ勝ちをおさめた。6打数2安打2打点と活躍したが、リードオフマンの役割を果たせなかったという本人は「初戦で力が入りすぎました。もっとチームに貢献したい」。

 仲間からは「キョウヘイオオタニ」と呼ばれることも。大リーガー大谷翔平の躍動する姿をイメージしながら、次の試合でもひそかに一発をねらう。(中村純)