大阪市、集団接種を休止へ 国からのワクチン供給減うけ

有料会員記事新型コロナウイルス

本多由佳
[PR]

 国からの新型コロナウイルスワクチンの供給不足を受け、大阪市は区民センターなどで実施している集団接種を8月1日で休止することを決めた。市から個別接種を行う診療所などへ配送するワクチン量も6月下旬のピーク時の4~7割程度に抑える方針だ。松井一郎市長が12日の記者会見で、今後の接種計画を発表した。

 松井市長は会見で、「かかりつけ医による個別接種のニーズが高い。個別接種向けのワクチンだけでも足りないので、集団接種の再開のめどは立たない」と述べた。

 市によると、接種対象となる12歳以上の市民は252万人。職場などでの職域接種を受けると見込まれる35万人を除くと、希望者全員の接種には計330万回分のワクチンが必要になるという。

 市によると、国からのファイザー社製ワクチンの供給量は4~6月の3カ月は131万回分だったが、7~9月は108万回分、10~11月は31万回分に減る見通し。このため、今後の接種計画を大幅に見直した。

 区民センターなど約40カ所…

この記事は有料会員記事です。残り533文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]