東京で新たに502人感染 前週の月曜日より160人増

新型コロナウイルス

[PR]

 東京都は12日、新型コロナウイルスの感染者を新たに502人確認したと発表した。前週の月曜日(7月5日)と比べ160人の増加で、23日連続で前週の同じ曜日を上回った。12日までの1週間平均の感染者数は756・7人で前週の129・2%だった。行政検査の件数(11日までの3日間平均)は5480・0件だった。

 新規感染者502人を年代別で見ると、20代が172人で最多。30代102人、40代91人、50代50人と続いた。65歳以上の高齢者は16人だった。新たに確認された死者はいなかった。

 人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO)を使用とする都基準の重症者数は、前日より6人減って55人だった。重症者の1人は10歳未満の女児だった。都によると、10歳未満の重症者が確認されるのは初めて。女児に基礎疾患はなく、感染経路は不明だという。

 東京都はまた、大田区の都中央卸売市場で市場関係者11人の集団感染が発生したと発表した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]