〝高騰〟マリオ 世界的時計メーカーとコラボ、限定販売

ファッション

編集委員・後藤洋平
写真・図版
スーパーマリオと協業したタグ・ホイヤー コネクテッド(ブランド提供)
[PR]

 米国のオークションで4月、任天堂のゲーム機「ファミリーコンピュータ」の海外用ソフトで1986年に発売された「スーパーマリオブラザーズ」が66万ドル(約7300万円)で落札され、世界を驚かせた。

 しかし今月11日、更に衝撃的な出来事があった。同じオークションで、96年に発売されたニンテンドウ64用ソフト「スーパーマリオ64」が、156万ドル(約1億7千万円)で落札されたのだ。

 出品されたソフトはいずれも未開封のものだった。スーパーマリオ・ブランドは、生まれ故郷の日本で私たちが一般的に認識している価値よりもはるかに高く評価されている。また、一部の人気ゲームソフトは高級時計などと同様に「ビンテージ」として扱われる域に入ったともいえる。

 そんなタイミングで、スイスの世界的時計メーカー「タグ・ホイヤー」もコネクテッドウォッチ(スマートウォッチ)でスーパーマリオと協業するという。

写真・図版
スーパーマリオと協業したタグ・ホイヤー コネクテッド(ブランド提供)

 スーパーマリオのゲームは85年以来、世界で3億7千万本以上が売れているといい、同社のフレデリック・アルノー最高経営責任者(CEO)はコラボレーションの決め手について「世界的かつ世代を超えた人気だけでなく、究極のスーパーアクティブキャラクターであり、粘り強い不屈の精神でどんな状況も乗り越える」からだとしている。

写真・図版
スーパーマリオと協業したタグ・ホイヤー コネクテッド(ブランド提供)

 ディスプレーには様々なマリオのアニメーションが登場。ランニングやウォーキング、ゴルフなど様々なスポーツ、心拍数などの健康状態などのデータがフィードバックされるほか、グーグルアプリで使用できる機能を全てそろえている。7月15日に世界2千本限定で発売。価格は25万3千円。(編集委員・後藤洋平