全長9m、国内最大級の鳥脚類恐竜か 長崎で肩の化石

安斎耕一
[PR]

 長崎市の長崎半島西海岸に露出する白亜紀後期の地層から発掘された化石が、二足歩行もする草食の「鳥脚類恐竜」の肩甲骨だったことがわかった。骨の長さから、全長約9メートルと鳥脚類恐竜としては国内最大級で、新種の可能性もあるという。

 2012年度から共同調査をしている長崎市教育委員会と福井県立恐竜博物館が12日に発表した。この化石は16年5月、「三ツ瀬(みつせ)層」と呼ばれる約8100万年前の地層に露出しているのが見つかり、翌17年に重機で発掘。18年から修復・復元作業などを進め、このほど完了した。

 この肩甲骨は長さ90センチ、幅20センチ。胸郭に沿う緩やかな湾曲があり、ほぼ完全な形で残っていた。後方(遠位)が幅広く板状であることから左の肩甲骨で、長く伸びた後半部の幅と広がり方から、進化した「ハドロサウルス上科」のものと判明した。

 ハドロサウルス上科は白亜紀に生息していた鳥脚類の代表的なグループで、国内最古のものは福井県勝山市のコシサウルス(約1億2千万年前)とされる。白亜紀後期(約7200万年前)には、北海道で発見されたカムイサウルス(むかわ竜)や、兵庫県淡路島で見つかったヤマトサウルスといった全長7~8メートルの大型種も確認されている。

 三ツ瀬層では、これまでにも大型のティラノサウルス科や小型獣脚類などの化石も見つかっている。

 福井県立恐竜博物館の宮田和周・主任研究員は「長崎に白亜紀後期の恐竜が群れで生息する生態系があったことを裏付ける貴重な資料だ」と話している。

 化石の複製は16日から、長崎市役所や福井県立恐竜博物館などで展示される。(安斎耕一)