BTSはOK、PSYはダメ 感染者急増の韓国で何が?

有料会員記事

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 韓国のアイドルグループBTSの「Dynamite(ダイナマイト)」はOK。人気歌手PSY(サイ)の「江南スタイル」はNG――。新型コロナウイルスの感染者数が急増する韓国の感染予防策をめぐり、韓流ヒット曲の比較が話題になっている。なぜ?

 12日に発表された韓国の1日の感染者数は1100人で、1千人超えは6日連続となった。特に感染者の多いソウル首都圏では12日から、4段階の防疫措置のうち最も厳しい段階に移行した。

 午後6時以降に3人以上が集まる私的な会合が禁止された。飲食店は夜10時まで店内営業をできるが、クラブや接客を伴う形態の店は終日営業ができない。デモなどの集会や行事も禁じられ、結婚式や葬式への参加は親族のみに制限された。

 フィットネスクラブなど屋内体育施設にも規制の影響が出ている。ダンスやエアロビクス、ヨガ、体操などの際に流す音楽について、BPM(1分間のテンポ数)が120を超えるリズムの速い曲が禁止されたのだ。保健当局は「息が切れる激しい運動で、飛沫(ひまつ)や汗が飛び散るのを防ぐため」と理由を説明する。

 韓国メディアは、PSYさん…

この記事は有料会員記事です。残り103文字有料会員になると続きをお読みいただけます。