そばかすの姫と監督、出会いは奈良の靴店「曲がやばい」

有料会員記事

米田千佐子
[PR]

 アニメ映画「竜とそばかすの姫」(16日公開)が細田守監督の新作として注目される中、気鋭のミュージシャン・中村佳穂さんが主人公の声に起用され、話題となっている。新作は歌が重要な意味を持ち、中村さんは高校生「すず」と分身の歌姫「ベル」を演じる。今から2年前、構想を練っていた細田監督が中村さんと初めて出会ったのは、古都・奈良だった。

 格子戸の家並みが広がる奈良市中心部の「ならまち」は、鹿が遊ぶ奈良公園興福寺東大寺などに近い。その一角にある靴店「NAOT NARA」で、普段は靴を選ぶ客がくつろぐ長椅子の代わりに、小さな椅子が所狭しと並べられた。2019年7月7日の夜のことだ。

 用意された60席ほどがびっしりと埋まり、立ち見もいる。ピアノが配置された店内にメガネの女性が登場した。中村さんだ。

 柔らかいハスキーボイスが店内を包む。ゆったりと時にはアップテンポなメロディーラインが、胸に染みる。ジャズのような即興性のあるリズムも会場を盛り上げた。その場にいた同店店員の服部多圭子さん(41)は「空間を全員で共有しているようなうねりを感じた」。

インタビューも

記事後半では、細田守監督と中村佳穂さんのインタビューもあります

 中村さんは京都精華大卒で京…

この記事は有料会員記事です。残り3690文字有料会員になると続きをお読みいただけます。