迫るがれき、見つけた息子の写真 熱海被災地で一時帰宅

有料会員記事

山口啓太、山下寛久
【動画】土石流で避難した住民が自宅に一時帰宅した=関沢浩さん撮影
[PR]

 大規模な土石流が起きた静岡県熱海市で12日、自宅などが被害にあった避難者の一部が一時帰宅した。避難者が自宅から貴重品などを持ち出せるように市が許可した。発生から10日目。思い出の品を捜したり、一変した地域の姿に途方に暮れたりした。

 午後3時ごろ、熱海市伊豆山(いずさん)の岸谷(きだに)地区。一時帰宅を終えた40人ほどの住民らが市の用意したバスに乗り込んだ。日用品が入ったリュックやカバンを手にした姿が目立った。

 土石流で131棟が被害を受け、12日時点で500人超が避難。行方不明者の捜索などが続き、被災地域は規制線などで立ち入りが制限されてきた。市は、被災者の生活再建を進めるため、生活に必要な品を持ち出せるようにと、この日の一時帰宅の許可を出した。1世帯あたり2人までを条件とした。

 自営業の関沢浩さん(54)…

この記事は有料会員記事です。残り692文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら