夜10時、ベンチに母子 電気つけられず破られた離婚届

有料会員記事

中塚久美子
[PR]

 コロナ禍は、立場が弱い人を救う社会の仕組みの貧弱さを浮き彫りにした。特に、女性に支援が行き渡らない。制度の多くが世帯単位で作られ、対象からこぼれ落ちてしまう。仕事、住居、子育て、障害などの困難が複合的にのしかかっている。

 人通りが少ない夜10時。兵庫県明石市内の駅周辺のベンチで、小中学生の子どもを連れた女性(39)が、帰宅のタイミングを計っていた。

 緊急事態宣言下、暴言を吐く夫が在宅勤務で家にいるうえ、商業施設が閉まり、居場所を失った。「家にいたら、胸がどきどきして苦しい」

 有名企業に勤める夫は、自分…

この記事は有料会員記事です。残り1678文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら