高校生にわいせつ行為した疑い 高知大特任准教授を逮捕

[PR]

 18歳未満と知りながら女子高校生にわいせつな行為をしたとして、高知県警は12日、高知大学次世代地域創造センター特任准教授の松浦孝範容疑者(47)=高知市相生町=を、県青少年保護育成条例違反(淫行)の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。高知東署によると、松浦容疑者は今年冬ごろ、SNSで県内の女子高生(16)と知り合い、3月に高知市内のホテルでわいせつな行為をした疑いがある。