尿酸値下げるには 「運動と食事」が痛風防ぐ

有料会員記事

山野拓郎
[PR]

 健康診断で「尿酸値が高い」と指摘されながら、特に支障もないので放っておいたら、急に足に激痛が走って動けなくなる。痛風の典型的な症状だ。コロナ禍で在宅勤務の徹底を強いられて運動不足に陥ったり、飲食店で酒が飲めないために家で飲んでいたらかえって酒量が増えたりすることが原因の場合もありそうだ。どんなことに気をつけたらいいのか。

 尿酸は、細胞の核に含まれる「プリン体」が分解されてできる老廃物。通常は体内で尿酸ができる量と、体外に排出される量のバランスがとれているので、尿酸値は適正に保たれる。しかし、バランスが崩れて、尿酸が過剰に体内にたまってしまう場合がある。

 日本痛風・尿酸核酸学会で副理事長を務める鳥取大学医学部の久留一郎教授によると、食生活の乱れで過剰に尿酸ができることや、尿酸の排出を担う腎臓や腸管の働きが弱まることで尿酸値が高くなる。高尿酸血症の状態が続くと、尿酸が結晶になって関節にたまって炎症が起きる。これが、「風が当たるだけでも痛い」と表現される痛風の発作だ。尿酸値が血液100ミリリットルあたり7ミリグラムを超えると高尿酸血症と診断される。この状態になったら投薬治療が必要だ。

 尿酸値を下げるにはどうした…

この記事は有料会員記事です。残り881文字有料会員になると続きをお読みいただけます。