西村大臣「反省している」金融機関への働きかけ発言巡り

有料会員記事

西村圭史
[PR]

 飲食店に対する酒類提供禁止などの要請をめぐり、金融機関に事業者への働きかけを求めるとした政府方針を撤回したことについて、西村康稔経済再生相は13日の会見で「私の発言で混乱を招き、飲食店の皆様に不安を与えた。趣旨を十分に伝えきれず反省をしている」と陳謝した。

 西村氏は政府方針の撤回について「融資を制限したりするといった趣旨ではなかったが、様々なご指摘を重く受け止めて、不安を払拭(ふっしょく)するため、この金融機関への働きかけは行わないことにした」と説明した。一方、野党などから辞任を求める声があることについて、西村氏は「多くの皆様にご協力をいただく中で、感染を抑えて事業も継続していける、そうした環境をつくっていけるように責任を果たしていきたい」と語った。

 また撤回した政府方針をめぐっては、菅義偉首相らが参加した関係閣僚会合の場で事務方から事前に案が示されていたことも明らかになった。西村氏や加藤勝信官房長官が13日の会見で経緯を説明した。

 関係閣僚会合は、西村氏が政…

この記事は有料会員記事です。残り508文字有料会員になると続きをお読みいただけます。