「スイーツ犬」もお出迎え 犬山に名鉄の新ホテル開業

有料会員記事

今泉奏
[PR]

 名古屋鉄道グループの名鉄犬山ホテルが運営する「ホテルミュースタイル 犬山エクスペリエンス」が15日、名鉄犬山駅前に開業する。コロナ禍でホテルや観光事業が大きく落ち込む中、「反転攻勢の一歩」となるか。

 名鉄の子会社が手がける博物館明治村や日本モンキーパークがある犬山市は、グループの観光事業の重要な拠点だ。かつては名所の犬山城近くで、敷地内に国宝の茶室「如庵(じょあん)」をもつ「名鉄犬山ホテル」を運営していた。だが、老朽化のため2019年8月に閉館し、グループのホテルがなくなっていた。

 今回の開業で2年ぶりに名鉄のホテルが戻ってくる。全118室で価格帯は8千~4万円程度となっており、30~40代の観光客やビジネス客が主なターゲットとなる。宿泊特化型で、レストランは外部委託する。地元産食材のほか、犬の姿を模したスイーツなどが楽しめる。

 22年3月には、名鉄犬山ホ…

この記事は有料会員記事です。残り459文字有料会員になると続きをお読みいただけます。