五輪選手村の交流に制限 持ち込み酒類「部屋で1人で」

前田大輔
【動画】オープンした東京五輪の選手村=遠藤雅彦撮影
[PR]

 東京オリンピック(五輪)の開幕まで10日となった13日、選手村東京都中央区晴海)が本格的にオープンした。選手村には14~18階建ての宿泊施設が21棟あり、五輪期間中は1万8千床のベッドが置かれる。本来なら国や地域、競技の枠を超えて選手らが交流できる、五輪を象徴する場の一つになるはずだったが、新型コロナ感染対策で滞在期間や交流が限られるなど、従来の形とは大きく異なる。

 選手らが入村できるのは原則的に競技開始5日前からで、競技終了後2日後までに退村しなければいけない。組織委は「入村国数や人数などの詳細は把握できない」と説明しており、幹部は「初日に入る人はかなり少ないのでは」とみる。

 滞在する人は行動ルール(プレーブック)に従い、唾液(だえき)の抗原定量検査を毎日受ける。関係者によると、選手ら向けの唾液検査の総数は、五輪とパラリンピックで計50万件を突破する見通しという。仮設の発熱外来選手村の中心部にあり、開村に先立ちすでに稼働している。

 大会関係者によると、今月9日、空港での抗原定量検査で陽性になったイスラエル選手団の関係者を「プレーブック」の規定に沿って選手村に専用車で搬送。鼻の奥をぬぐうPCR検査を発熱外来で実施したところ陽性だったため、療養先のホテルに運んだ。濃厚接触者の4人は陰性で、選手村内で隔離したという。

 検査の回数は当初「少なくとも4日に1回」の計画だったが、変異株の影響などで、毎日実施することになった。このため検査施設のスペースが不足し、検体は自室などで採取することになった。不正をいかに防ぐかが課題で、組織委は抜き打ち検査などを計画している。

 選手同士の交流も限られる。銀行やクリーニング、インターネットカフェなどが入る交流施設「ビレッジプラザ」は密を避けるため入場規制がある。食堂は座席が6人掛けから4人掛けに間引かれ、アクリル板が設けられる。混雑状況を電子看板などで知らせ、なるべく1人で食事をするよう呼びかけている。また、酒類の部屋への持ち込みは認めるが、自室で1人で飲むことを求め、共有スペースで複数で集まって飲酒するのは禁止している。(前田大輔)