バッハ会長、16日に広島市訪問 献花やスピーチも

東郷隆
[PR]

 広島県は13日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が16日に広島市を訪問すると正式に発表した。大会組織委員会の橋本聖子会長も同行する。バッハ氏は同市中区の平和記念公園原爆死没者慰霊碑に献花後、敷地内にある平和記念資料館を視察。湯崎英彦知事や松井一実広島市長とも対談し、スピーチもするという。

 湯崎知事は13日、「核兵器のない平和な世界の実現に向けた力強いメッセージを発信していただきたい」。松井市長も「世界恒久平和を願う『ヒロシマの心』を世界のスポーツ界に広げていただける貴重な機会となる」とそれぞれ歓迎するコメントを発表した。

 バッハ氏の広島訪問をめぐっては、地元でも賛否の意見があり、同日、原水爆禁止県協議会(県原水協)が抗議声明を出すなどしている。

 16日は平和記念公園の一部で午後0時半から午後3時半まで立ち入りが規制され、資料館や国立広島原爆死没者追悼平和祈念館もその時間帯に一時閉館する。(東郷隆)