北海道でヒグマによる死傷者過去最悪 また女性が被害か

有料会員記事

平岡春人、川村さくら
[PR]

 北海道で今年度に確認されたヒグマに襲われたとみられる死傷者は12日までに9人(うち死者3人)に上り、年間の死傷者数としては統計を取り始めた1962年度以降最多となった。北海道は異常事態として、注意を呼びかけている。

 東部の滝上町滝ノ上原野の山林内の林道では12日、女性の遺体が見つかった。紋別署は、遺体の状況などからヒグマに襲われたとみている。地元猟友会が現場周辺を捜索したが、ヒグマは発見されていない。

 署によると、12日午後2時ごろ、林道を通りかかった人から「人が倒れていて、死体のようだ」と署に通報があった。女性は頭部に大きな傷があり、腕にも複数の引っかかれた傷があった。そばには動物のフンが落ちていた。

 女性はリュックサックなどを…

この記事は有料会員記事です。残り432文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!