仏当局、グーグルに罰金650億円 ニュースの対価巡り

ロンドン=和気真也
[PR]

 フランス競争当局は13日、米グーグルが通信社などニュースの配信会社に支払う対価をめぐり、仏当局の暫定命令に従わなかったとして、5億ユーロ(約650億円)の罰金の支払いを命じた。2カ月以内に配信会社などに報酬体系などを示すことも求め、1日遅れるごとに90万ユーロ(約1億1700万円)の罰金を追加する厳しい措置もとる。

 発表や欧米メディアの報道によると、複数の通信社などが、グーグル欧州連合(EU)の指令にもとづいた支払いに応じていないと訴えていた。仏当局は昨年、交渉に応じるよう暫定命令を出したが、グーグルはこれに従わなかったとしている。

 報道によると、グーグル側は「交渉には誠実に応じてきた。罰金はその努力も、我々のプラットフォームでニュースがどう使用されているかも反映されていない」とコメントしているという。(ロンドン=和気真也)