茂木外相「約束、誠実に履行」 ユネスコの指摘に反論

菅原普、ソウル=鈴木拓也
[PR]

 ユネスコ国連教育科学文化機関)の世界遺産センターが長崎県の端島(軍艦島)に関する展示で朝鮮半島出身の労働者に関する説明が「不十分」と指摘したことについて、茂木敏充外相は13日、「これまでの世界遺産委員会の決議、勧告を真摯(しんし)に受けとめ、約束した措置を誠実に履行してきている」と反論した。閣議後会見で語った。

 軍艦島を含む「明治日本の産業革命遺産」は、2015年に世界遺産に登録された。この際、島に動員された徴用工の説明をめぐり日韓両政府が対立。諮問機関イコモスの勧告により、日本政府は当時の徴用政策が理解できるようにする対応を約束していた。

 茂木氏は軍艦島をめぐる説明について、今月開かれる世界遺産委員会で協議されるとし、「委員会に向けて、我が国の立場を踏まえて適切に対応していきたい」と述べた。

韓国は「評価」のコメント

 一方、韓国外交省の報道官は13日、「日本政府が約束を忠実に履行していないことを、国際社会が明示的に確認したことを評価する」とコメントした。今月の世界遺産委員会では日本に改善措置を求める決議案も提案されており、報道官は「委員会の決定を早急かつ忠実に履行するよう促していく」とも述べた。(菅原普、ソウル=鈴木拓也)