延岡学園など強豪校ひやり 初戦辛勝「これが夏の怖さ」

平塚学、佐藤修史
[PR]

(13日 高校野球宮崎大会 都城工2-3宮崎日大 門川3-11宮崎商 佐土原3-5延岡学園)

 どんな強豪校でも初戦の入り方は難しいとされる。13日に登場したシード校も「定説」にはまった。

 第4シードの宮崎日大は今大会初のタイブレークにまでもつれ込んだ。

 自慢の強力打撃がふるわず、連打は一度もなし。菊池正敏監督は「打ちたい気持ちが空回りし、フォームが崩れていた」。

 そんなチームの危機を救ったのはエースの古谷瞳伍君(3年)だった。

 左足首骨折の影響で昨秋以来の公式戦登板。九回までに111球を投じたが、捕手の大山和泉君(3年)が菊池監督に「古谷の球は死んでいません」と直訴し、続投。その言葉通り、先頭打者を出した十二回は後続を三者連続三振、十三回も二者連続三振で流れを相手に渡さなかった。古谷君は「初めて十三回を投げきり、自信がついた」と次戦を見据えた。

 今春の選抜大会に出場した第1シード宮崎商も門川に試合中盤まで苦しめられた。初回にいきなり2点を先取される苦しい立ち上がりで、五回を終わっても同点。六回に打者一巡の猛攻で8点を挙げ、結果的には大勝したが、主将の中村碧人君(3年)は「序盤は気持ちが入りすぎて浮足立ってしまった」。橋口光朗監督も「夏の1勝の重みを選手も分かったのではないか」と気を引き締めた。

 第2シードの延岡学園は佐土原相手にわずか3安打。同点の八回は内野ゴロを相手野手が悪送球し、ようやく勝ち越した。森貞治監督は「これが夏の大会の怖さだ」と話した。(平塚学、佐藤修史)