「ガチゴラス」を再現 ポケモンと化石が共存した特別展

有料会員記事

戸田拓
【動画】「ポケモン化石博物館」三笠で開幕=戸田拓撮影
[PR]

 「ポケットモンスター」で出現する「カセキポケモン」を本物の化石と共に展示し、フィクションと科学を共存させる異色の特別展「ポケモン化石博物館」が北海道三笠市三笠市立博物館(同市幾春別錦町1丁目)で開かれている。国立科学博物館(科博)との共催で、株式会社ポケモンが協力する。

 ポケモンは1996年にゲームボーイ用ソフトが発売されて以来、マンガやアニメ、キャラクターグッズなどと幅広く展開され、国内外で世代を超えて親しまれている。

 特別展を企画した相場大佑・同博物館主任研究員(31)は、子どもの頃からのポケモンファン。「図鑑を開いて、ポケモンと似た生き物を探して楽しんでいた子供だった。大人になった私たちから、改めてそういう体験を子供たちに贈りたい」と話す。

 ポケモンシリーズには、発掘…

この記事は有料会員記事です。残り827文字有料会員になると続きをお読みいただけます。