東京で新たに1149人感染 第4波のピークを超える

新型コロナウイルス

[PR]

 東京都は14日、新型コロナウイルスの感染者を新たに1149人確認したと発表した。都内の新規感染者数が1千人を超えるのは5月13日(1010人)以来約2カ月ぶりで、第4波のピークだった1121人(5月8日)を超えた。前週の水曜日(7日)と比べて229人の増加で、25日連続で前週の同じ曜日を上回った。14日までの1週間平均の感染者数は823・3人で前週の130・3%だった。1週間平均の感染者数が800人を超えるのは5月16日以来(806・4人)。

 都内では、6月21日に3度目の緊急事態宣言が解除される前から、リバウンド(感染再拡大)の傾向が見え始めていた。7月10日には950人の感染が確認され、3度目の宣言解除以降、最多に。政府は12日、東京に4度目の緊急事態宣言を出したが、都内の繁華街では人出が高止まりしている上、感染力の強い変異株(デルタ株)が流行しており、感染者はさらに増える懸念がある。

 14日の新規感染者1149人を年代別でみると、20代が326人で最多。30代214人、40代209人、50代140人と続いた。65歳以上の高齢者は46人だった。

 都が14日に新たに発表した死者は4人。うち1人は40代で、自宅で倒れていたところを父親に発見され、死亡確認後、感染が判明した。糖尿病の基礎疾患があったという。人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO)を使用とする都基準の重症者数は、前日より4人少ない54人だった。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]