横浜商エース、参考記録ながら完全試合 人生初に笑顔

土居恭子
[PR]

(14日、高校野球神奈川大会 横浜商7-0伊志田)

 先頭打者を3球三振に仕留めると次の打者を三塁ゴロ、最後は空振り三振にした。最高の立ち上がりにも横浜商のエース山口塁投手(3年)は表情を変えずに投げ続けた。

 昨秋、今春の県大会でいずれも東海大相模に敗れた。悔しさを糧にチームは練習を重ねた。山口投手も内角への速球やカーブを織り交ぜ、緩急を使う攻め方を意識してきた。

 この日、伊志田打線を相手に10奪三振と快投。七回コールドで勝利し、参考記録ながら完全試合を達成した。いつもは表情を崩さない右腕も「人生で初めて」と笑顔で喜びを語った。

 野手を信頼し、周囲が見えるようになってきた。投手一人ではなし得ない完全試合に「ゴロをうまく捕ってくれた」と試合後には仲間への感謝も口にした。「勝ってうれしい。でもこれから。一戦一戦を大事にしていきたい」(土居恭子)