藤井聡太王位が勝ち、1勝1敗のタイに 王位戦七番勝負

村上耕司
[PR]

 藤井聡太王位(18)=棋聖と合わせ二冠=に豊島将之竜王(31)=叡王(えいおう)と合わせ二冠=が挑戦する将棋の第62期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)の第2局が13、14日に北海道旭川市の「花月会館」で指され、14日午後6時59分、藤井王位が102手で勝ち、対戦成績を1勝1敗のタイとした。第3局は21、22日に神戸市で。

 第1局で豊島竜王が快勝して迎えた第2局は、豊島竜王の先手番で角換わりの戦型に進んだ。中盤は押したり引いたりの攻防が続き、藤井王位の残り時間が30分を切った2日目夕方あたりから、互いの駒を取り合う激しい終盤戦に突入。豊島竜王がやや優勢とみられていたが、藤井王位が次第に盛り返し、最後は長手数の詰みに討ち取った。

 第3局に向けて藤井王位は「タイに戻すことができたので、気持ちを新たに精いっぱい戦いたい」、豊島竜王は「途中は模様はよかったと思うが、具体的な手が難しかった。気持ちを切り替えて頑張りたい」と話した。

 藤井王位は豊島竜王に公式戦の初対戦から6連敗し、今年1月の朝日杯将棋オープン戦で初勝利を挙げた。王位戦第2局の勝利で、通算の対戦成績は2勝7敗となった。村上耕司