3回目の信号でようやく右折 赤信号、長さが違ってる?

寺沢尚晃
[PR]

 いつも車で通る道でも、時間帯によって信号のタイミングがちょっと違うと感じたことはありませんか。信号の制御の仕組みを知ろうと、群馬県警交通管制センターを訪ねてみました

 6月中旬、午前8時過ぎ。前橋署へ向かう際、県道「問屋町」交差点で記者の車は右折レーンに入ったが、先に並ぶ3、4台が右折しただけで信号はすぐに赤になった。次の信号待ちもあっという間に赤に。3回目の右折矢印でようやく通過できた。

 信号制御の仕組みを聴こうと県警交通規制課を訪ねると、庁舎9階に案内された。主要道の道路状況を把握し、信号をコントロールして車両の通行を円滑にする「交通管制センター」がある。

 2階分の吹き抜けに大きなパネルと25面のモニター。パネルでは渋滞状況などが一覧でき、モニターでは前橋市高崎市太田市など交通量の多い交差点に設置した30カ所のカメラ動画を切り替え、確認できる。三国、碓氷、内山の三つの峠の静止画も見られる。

 「3回目の右折」には理由があった。「午前8時過ぎといえば、県庁方面に向かう通行量が増える通勤ラッシュの時間帯。多くの車が通れるようにコンピューターで自動制御している」と交通規制課の吉川真人調査官。より混雑する側の青信号の時間を1割ほど長くするなど調整しているという。問屋町交差点は朝の時間帯、右折の矢印表示が7秒に設定されている。

 一方、日中の空いている時間帯でもタイミングを制御する。横断歩道があれば、まずは歩行者が安全に渡れるように設定。さらに国道の直線部分などは、車両がスピードを出しすぎないように隣り合う信号を調整している。

 私道などを除き、県警が管轄する交差点は県内に4205カ所。その3分の2は、個々に設定されたパターンで切り替わる。センターが制御するのは約1400カ所という。

 昨年は、「青信号を長くしてほしい」など58件の要望が寄せられた。県警は現場を確認し、必要に応じて改善している。吉川調査官は「交通量は刻々と変わるので、微調整は欠かせない。でも、信号を守って走ってもらうことが、全体のスムーズな交通につながります」と話す。

     ◇

 夏の県民交通安全運動は20日まで。「子供と高齢者の事故防止」「自転車の安全利用の推進」「飲酒運転の根絶」に重点を置く。県交通安全条例で今春から「努力義務」となった自転車に乗る際のヘルメット着用も呼びかける。

日本道路交通情報センターの前橋センターに利く

 ラジオ放送を通じて群馬県内の交通情報を伝える「日本道路交通情報センター」の前橋センターは、交通管制センター内にある。3人の女性が県警10階の放送室から伝える。早朝からの早番と、帰宅時間帯をカバーする遅番の原則2人のローテーションだ。

 NHKFMとエフエム群馬で放送。3人は最新の交通情報を1分~1分半の原稿にまとめ、平日は10本程度、土日は2本放送する。

 電話(050・3369・6610)での問い合わせにも対応する。南雲広美さんは「年間2千件を超える問い合わせがあるが、昨年はコロナ禍で外出が少なくなったのか、約1千件でした」。古谷晴美さんは「群馬はスキー場もあり、県外客も多い。ただ、高速道路の整備などで、渋滞は少なくなっているように感じる」と話す。

 7月にローテーションに加わったのは岡田恵里さん。「いつも聴くラジオで仕事をしてみたい」と、スタッフになり、発声や原稿作成など2カ月の研修を経て、6月下旬に「デビュー」。「緊張の毎日だけど正確に伝えていきたい」と意気込んでいる。(寺沢尚晃)