ヤングケアラー、中3・高校生で177人が疑い 奈良

渡辺元史
[PR]

 大人の代わりに家事や家族の世話を日常的にする「ヤングケアラー」と呼ばれる子どもについて奈良県教育委員会は14日、県内の中学3年と高校で調査をした結果、計177人でその疑いがあると定例会で公表した。今後、相談や支援を始める。

 県教委は6月、公立中の中3と公立高校の全生徒を対象にオンラインでアンケートを実施した。中3の86・8%、高校生の67・2%が回答した。

 調査結果によると、週3日以上で平日1日あたり3時間以上の家事や家族の世話をしている生徒は中3で76人、高校生で101人だった。177人に家事や家族の世話の内容について聞いたところ、上位5項目は中高生とも、食事の準備などの家事▽きょうだいの世話▽外出の付き添い▽愚痴を聞くなど感情面のサポート▽見守りの順だった。

 また、中3で43・4%、高校生で30・7%の生徒が家事や家族の世話で心身に何らかの「きつさ」を感じていると回答した。

 県教委はこうした生徒について、各高校や中学校を所管する市町村教委と情報を共有し、県教委に設けた相談窓口からメールを送って話を聞いたり、学校で面談をしたりして、具体的な支援の方法を探るという。

 委員会後の会見で吉田育弘教育長は177人が確認されたことについて「1日7時間も家事や家族の世話をする子どもがいる。なんとか助けてあげたい」と話した。(渡辺元史)