バイデン氏、APEC会議に参加へ オンラインで開催

ワシントン=園田耕司
[PR]

 米ホワイトハウスは14日、バイデン米大統領が16日にオンラインで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)臨時首脳会議に参加することを明らかにした。サキ大統領報道官は声明文で「インド太平洋地域での米国のリーダーシップと多国間の枠組みへの関与を示すものだ」と強調した。

 サキ氏は「バイデン大統領にとっては、多くのAPEC首脳、とくに東南アジア諸国の首脳とは初めての会談となる」と指摘。バイデン氏は会談で「自由で開かれたインド太平洋」構想とともに、インド太平洋地域を重視している姿勢を強調する見込みだという。

 今回のAPEC臨時首脳会議では、新型コロナウイルスからの経済回復などがテーマとなる。バイデン氏は、アジア太平洋地域へのワクチン供給や、新型コロナウイルスの感染拡大で苦しむ国々への支援についても話すという。(ワシントン=園田耕司