「コーチ」は東海大相模でセンバツ優勝 助言で打撃向上

照井琢見
[PR]

(14日、高校野球愛媛大会 新居浜西1-8帝京五)

 東京から単身愛媛にやってきた、帝京五の主将・山崎太陽捕手(3年)には、尊敬する同級生がいる。東海大相模(神奈川)の佐藤優真選手(3年)だ。

 中学時代、同じチームで一緒にプレーした。「その時からすごかった。走攻守そろっていて、自分と比べたら何もかも上」

 悩んだ時は、いつも連絡を取った。打撃フォームも教えてもらった。

 「壁を押すように力を入れたらいい」。アドバイスの通りにバットを振ったら、強い当たりが増えた。

 「自分のコーチみたいな存在です」

 佐藤選手は今春の選抜大会で中堅手として出場。全国制覇に貢献した。一方、自分たちは昨秋、今春と県大会の地区予選で敗退。「下克上をみせるしかない」と誓った。

 最後の夏、初戦はベンチからのスタート。前日の練習で左肩に球が当たり、先発マスクを公式戦初出場の2年生に譲った。両チーム無得点で迎えた五回表、先頭打者の出塁を許したところで、マスクをつけた。

 1点は取られたものの、制球が乱れていた先発小嶋建吾投手(3年)を巧みにリード。打っては六、七回に2打席連続で適時打を放った。心の「コーチ」に従って、思い切りバットを振り、結果を出した。

 その佐藤選手と戦うには、甲子園に出るしかない。初戦を突破し、白い歯を見せたが、「まだ上は見ない。一戦をしっかり勝っていきます」。表情を引き締めた。(照井琢見)