3兄弟の長男が「1人併殺」 ピンチからチーム救う

大野宏
[PR]

(14日 高校野球京都大会 京都両洋5-6立命館宇治)

 京都両洋の田村一輝(いつき)君が打席に入ると「長男!」「3人の魂!」とベンチから声が飛ぶ。2年に外野手の千輝(ちあき)君、1年に内野手の万輝(まき)君と2人の弟がいる。名前が「桁上がり」の3兄弟の長男は、接戦の中、1人でチームを危機から救うプレーを見せた。

 六回、1点差に迫られてなお1死二、三塁の守りの場面。三塁の田村君にゴロが飛んだ。本塁へ送球し、走者を挟む。二塁走者も三塁を狙っており、守備側の判断が難しい挟殺プレーになった。

 三塁で送球を受けた田村君は、まず帰塁する走者にタッチしてアウトに。二塁に戻らなければいけないと勘違いして三塁を離れた走者にすかさずタッチし「1人併殺」を成立させた。「練習からずっと想定してやってきた。あせらずできたんでよかった」

 壺内雄大監督によると、春の大会で、田村君は同様の場面で本塁へ悪送球してしまったことがあるという。「真面目だしうまいが、少し気持ちが優しすぎるところがあって。でも今日はうまく守れていた」

 チームは八回に逆転を許して敗れた。田村君は、4打席凡退だった。「まったく打てなくて、むちゃくちゃ悔しい。弟たちには頑張って欲しい。僕よりもっと、もっとです」。毎日最後まで残って自主練習をしてきた「チーム一の努力家」はそんな言葉を残して球場を去った。(大野宏)