「付着したコロナに効果」シャープのプラズマクラスター

森田岳穂
[PR]

 シャープは15日、独自技術「プラズマクラスター」が、机などに付着した唾液(だえき)に含まれる新型コロナウイルスを減らす効果があることを確認したと発表した。一定の条件の下でプラズマクラスターイオンを唾液に2時間照射したところ、感染力のあるウイルスが99%以上減ったという。

 実証実験を監修した島根大学の吉山裕規教授は「感染防止のためには加湿をしてのどの粘膜の防御機能を保つことが重要。一方、加湿すると、空気中の飛沫(ひまつ)が落ちて机などに付着するので、今回の結果は大変意義がある」とのコメントを出した。

 同社は昨秋にはプラズマクラスターが空気中の新型コロナウイルスを減らす効果を確認したと発表している。ただ、いずれも狭い空間での実験結果であり、この技術を搭載した空気清浄機などを実際の生活で使った場合に同様の効果があるかはわからないという。(森田岳穂)