みずみずしさ楽しんで 水ナスの浅漬け

有料会員記事

沼田千賀子
写真・図版
水ナスの浅漬け=合田昌弘撮影

記事の後半で、作り方のポイントを動画でご覧いただけます

[PR]

ごはんラボ 水ナスの浅漬け

 ナスは日本各地でさまざまな種類が作られています。よく見かける長卵形ナス以外にも、長いナスや一口サイズのナス、果皮が黄緑色のナスなど。店頭でも多彩なナスを目にすることができます。産地直送で取り寄せることもでき、形や肉質にあわせて食べ方もいろいろです。

 大阪・泉州産が有名な水ナスも地方独特の品種の一つで、ぷっくりした大きめの卵形が一般的に知られます。「農作業の合間の水分補給に水ナスを食べた」と伝わるほど、水分が多いのが特徴です。皮も軟らかくあくも少ないため、浅漬けやサラダでおいしく食べられます。

 今回、紹介する浅漬けの漬け汁は、塩と砂糖に昆布のうまみを加えたシンプルな味。水ナスのみずみずしさと食感が引き立ちます。

 アレンジは、生で食べるナスの料理をもう1品。夏野菜を刻んで調味料であえる「だし」は暑い夏にぴったり。ごはんのお供や、冷ややっこにのせてどうぞ。(沼田千賀子)

水ナスの浅漬け

材料・4人前 料理監修:料理研究家・渡辺あきこさん

□ 水ナス 2個

□ 水 1カップ

□ 塩 小さじ2

□ 砂糖 小さじ2

□ 昆布 長さ6cm分

【作り方】

①漬け汁を作る。鍋に水、塩、砂糖を入れて混ぜ、昆布を加えて弱火にかける。沸騰直前の、昆布がゆらゆらし始めるくらいで火を止めて冷ます。

写真・図版
昆布のぬめりが出ないよう沸騰前に火を止める。この漬け汁で、キャベツやキュウリも漬けることができる

②水ナスはへたを切り落とし…

この記事は有料会員記事です。残り672文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載ごはんラボ

この連載の一覧を見る