• アピタル

マウスES細胞から卵巣組織 九大が世界初、卵子育つ

有料会員記事

伊藤隆太郎
[PR]

 マウスのES細胞から卵巣組織をつくり、卵子を育てることに成功したと、九州大の研究グループが発表した。世界初の成果としている。グループはこれまでも、マウスのES細胞やiPS細胞から卵子をつくることに成功していたが、培養にはマウスの胎児から取り出した卵巣組織が必要だった。今回の成果で、卵子を生み出すのに生体の組織が不要になった。

 九州大医学研究院の林克彦教授(生殖生物学)と吉野剛史助教らのグループが発表し、論文が15日の米科学誌サイエンス電子版に掲載された。

 研究では、特定の培養条件を整えることで、マウスのES細胞を卵巣細胞へと変えることに成功。この卵巣細胞に、ES細胞からつくり出した「卵子のもと」となる生殖細胞を交ぜ合わせると、生殖細胞は卵巣細胞に包まれ、「人工卵巣」と呼べる組織になった。

 この人工卵巣の中で生殖細胞は卵子へと成長した。取り出して授精し、マウスの体内に戻すと、マウスが生まれて繁殖可能な成体に育ったという。

 林教授は研究について「ES…

この記事は有料会員記事です。残り271文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら